FC2ブログ
2011・01
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2011/01/19 (Wed) 相続・遺言その1

こんにちは。早くも一月中旬、明日20日は暦の上では大寒。
最近の朝の寒さも厳しいですが、陽も伸びてきてますしもう春も近いですね。
私は花粉症なのでちょっと複雑な気分ですが・・・
今年は去年の猛暑の影響で例年に比べると花粉多いみたいです。外国に逃亡したい!(笑)


今日は相続・遺言書について書いてみたいと思います。


相続とは被相続人の死亡によってその人の持っていた財産(プラスもマイナスも)が相続人に移転する事です。

複数の相続人がいた場合、遺言書がなければ法律に決められた順序、相続分に従って相続人に分配されます。

被相続人が結婚していた場合、配偶者(妻or夫)は常に相続人です。
※ただし離婚していた場合は相続人ではなくなります。


第一順位
子。すでに子が亡くなっている場合はその子の子。つまり被相続人から見て孫です。
離婚していて親権がどちらにあっても子である限り相続人になります。
連れ子のいる相手と婚姻した場合配偶者は相続人になりますが連れ子は養子縁組をしないと相続人になれません。


第二順位(子がいない場合)
親。この場合もすでに親が亡くなっている時はその親。つまり被相続人の祖父母です。


第三順位(子も親もいない場合)
兄弟姉妹。同じくすでに兄弟姉妹が亡くなっている場合はその子。つまり被相続人の甥・姪です。

同順位の相続人が複数いる場合は民法で定められた相続分で相続するか(法定相続)相続人間で遺産分割協議
というのをして分け合います。
※相続放棄、遺留分、特別受益、寄与分等の説明はここでは割愛します。

円満・円滑に相続手続きが進むと良いのですがそうでないパターンも多々見受けられます。

それをできるだけ防ぐのが遺言書です。

遺言書については長くなってしまうのでまたの機会に書きますね。

相続登記・遺言書作成依頼は当事務所までどうぞ!


それでは寒さがまだまだ続きますが皆様お体には気をつけてくださいね。


かわぐち





スポンサーサイト



相続・遺言 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

リーガルアンドライフ

Author:リーガルアンドライフ
神奈川県厚木市の司法書士・土地家屋調査士リーガル アンド ライフ合同事務所のスタッフブログです。相続登記・遺言書作成等、皆様のご依頼お待ちしております。

事務所案内
〒243-0003
神奈川県厚木市寿町3-6-4
(横浜地方法務局厚木支局隣)
Tel:046-223-3311
Fax:046-223-3352
http://www.legal-life.net/
email:info@legal-life.net

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR